海外旅行でトラブルに見舞われないために押さえておきたいポイント

マナー違反にはご注意を!

日本は島国という事もあり、海外から見ると独自の文化が形成されています。 そのため、海外旅行に行った際などに普段のままの行動をとっていると、気づかぬ前にマナー違反を犯していたり、場合にとっては知らぬ間に犯罪を犯してしまっているという場合もあります。 例えば、日本人に馴染みのない文化としてはチップがあります。 レストランやホテル、タクシーなどを利用した際にチップをあげると言うのが海外では一般的となっています。 馴染みが無い分、あげなかったり、忘れてしまったりと言う事があり、それが積もり積もる事でサービスレベルが低下するという事もあるので注意をしましょう。 特に長期滞在するホテルなどは枕銭という形でベットメイキングをしてくれる人にチップを置いていくというのが一般的なので、意識をしておきましょう。

些細な行動が犯罪になる事もあります

マナー違反だけであれば、白い目で見られるだけなので、旅の恥は掻き捨てという感覚で済ませられますが、気づかぬ間に犯罪を犯してしまっているという事は無い様に気をつけたいものです。 例えば、国によってはタバコのポイ捨てや路上喫煙をするだけでも犯罪になる事があります。これは日本でも禁止となっている地域があるので、馴染みがある人が多いかと思うので喫煙者は注意をしましょう。なお、海外の場合は世界遺産地区内や自然保護エリアなどで禁止となる傾向が強くなっています。 また、タバコであれば喫煙者のみとなっていますが、誰もが関係する飲食物に関しても犯罪に繋がるものがあります。 ガムを路上に吐き捨てると言う事でも捕まる可能性がありますし、公共の場でお酒を飲むという行為でも捕まってしまう可能性があるのです。 国や地域、時間帯、国によっては性別にもよって犯罪になるものとなら無いものがあるので、注意をしましょう。